週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

東京ヤクルトスワローズ

清水昇

#17 |  投手 | 右投左打

清水昇 プロフィール

生年月日 1996年10月15日(25歳)
身長 180cm
体重 80kg
出身地 東京都
経歴 江北小(ジュニアヤンガース) - 駿台学園中 - 帝京高 - 国学院大 - ヤクルト19年〜
ドラフト 2018年1位ヤクルト
タイトル 最優秀中継ぎ(20年、21年)
今季年俸 8800万円
選手寸評 清水昇(しみず・のぼる)は、江北小1年時にジュニアヤンガースで野球を始め、駿台学園中では3年夏にエースとして全国大会8強。帝京高では1年秋からエース。3年夏の東東京大会では決勝で敗退し、甲子園にあと一歩届かなかった。国学院大では1年秋から登板機会をつかむと2年春から主戦として4カードで1回戦に先発、同秋は4勝。右足甲痛で3年春は1試合登板も、秋はリーグ3位の防御率(2.31)をマーク。4年春の東都大学リーグでは最優秀防御率(1.75)に輝いた安定感も魅力だ。東都大学リーグ戦通算は28試合登板、8勝2敗、防御率2.86。完成度の高いピッチングが持ち味で、大学日本代表候補にも選出されるなど、神宮でのキャリアは財産である。2018年ドラフト1位でヤクルトに入団。1年目は先発でも3試合のマウンドを経験するなど、自分のポジションを探す段階にあったが、20年はシーズンを通して馬力のある投球を続け、セットアップのポジションを掴んだ。24ホールドはリーグNo.1で、最優秀中継ぎのタイトルを獲得。21年もチームには欠かせない中継ぎとしてフル回転。10月17日のDeNA戦(横浜)で浅尾拓也を抜き、シーズン48ホールドのプロ野球新記録をつくった。最終的にリーグ最多となる72試合に登板で50ホールドを記録し、2年連続の最優秀中継ぎのタイトルを獲得した。

清水昇の出場成績

直近10試合の出場成績

清水昇 記事

清水昇 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング