週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

北海道日本ハムファイターズ

清宮幸太郎(きよみやこうたろう)

#21 |  内野手 | 右投左打

清宮幸太郎 プロフィール

生年月日 1999年5月25日(24歳)
身長 184cm
体重 94kg
出身地 東京都
経歴 早実初等部(東京北砂リトル) - 早実中等部(調布シニア) - 早実高[甲] - 日本ハム18年
ドラフト 2017年1位日本ハム
今季年俸 4400万円
選手寸評 清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)は、早実では1年春から三番・一塁に定着。1年夏の甲子園では2本塁打を放ち、U-18W杯には1年生で唯一選出。1年秋は都大会2回戦、2年夏は西東京大会準々決勝敗退。同秋からは主将を務め東京大会で11年ぶりの優勝、神宮大会準優勝。3年春のセンバツは2回戦敗退、同春の東京大会優勝、同夏は西東京大会準優勝。高校通算111本塁打を放った。2017ドラフトでは高校最多タイの7球団競合の末、日本ハムに入団。18年は5月2日に一軍デビューし、岸孝之から初ヒットを放つと、その後もデビューから連続試合安打記録を7に伸ばし、ドラフト制後では単独トップの新記録となった。しかし19年はケガに泣かされ、不本意なシーズンで終わった。20年、プロ3年目で初めて開幕一軍入りを果たし、出場試合数96試合を数え、キャリアハイを記録。ただ、打率は低迷し結果を残せなかった。21年はイースタン・リーグで本塁打王を獲得したが、一軍昇格はなく、もがきながら大打者への道を模索していた。22年は自己最多の129試合出場したが、打率.219と確実性を欠き、状態が悪いときは軌道修正に長引いた。だが、18本塁打、55打点はいずれもチームトップ。23年は負傷離脱もあって1年間を通した活躍ができず、2年連続2ケタ本塁打にキャリアハイの打率.244も自身が求めるレベルには程遠い。24年はキャンプ直前に故障のアクシデントに見舞われたが、40本塁打という大きな目標をクリアすることでチームに多くの勝利をもたらしていく。

清宮幸太郎の出場成績

清宮幸太郎 記事

清宮幸太郎 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング