週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

今江敏晃

内野手 | 右投右打

今江敏晃 プロフィール

生年月日 1983年8月26日
身長 180cm
体重 89kg
血液型 B型
出身地 京都
経歴 PL学園高(甲) - ロッテ02年〜15年 - 楽天16年〜19年
指導経歴 楽天20年(育成コーチ)
ドラフト 2001年3位ロッテ
タイトル ベストナイン(05年)、ゴールデングラブ(05年〜08年)
選手寸評 今江敏晃(今江年晶、いまえ・としあき)は、PL学園高からドラフト3巡目で2002年ロッテに入団。1年目から一軍デビューを果たした。03年にはフレッシュオールスターでMVPを獲得するも一軍では5試合の出場にとどまった。04年から三塁手にコンバートされると徐々に出場機会を増やした。背番号を「8」に変更して迎えた05年は開幕スタメンを掴み、三塁手のレギュラーとなると、22試合連続安打を記録するなどチームの日本一に貢献。日本シリーズMVPにも選ばれた。その後もチームの中心として活躍し、CSから日本シリーズに進出した10年には2度目の日本シリーズMVPを獲得した。2015年オフにFAで楽天に移籍。しかし、16年開幕前にふくらはぎ痛で出遅れ89試合の出場にとどまり、17年も開幕から好調だったものの骨折のため途中離脱。18年に復調し127試合に出場したが、翌19年は右目の不調もあり出場機会が減少。来季の構想から外れ、同年限りでの引退を発表した。

今江敏晃の出場成績

今江敏晃 記事

今江敏晃 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング