週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

北海道日本ハムファイターズ

梅林優貴(うめばやしゆうき)

#165 |  捕手 | 右投右打

梅林優貴 プロフィール

生年月日 1998年3月14日(25歳)
身長 173cm
体重 81kg
出身地 広島県
経歴 亀山南小(安佐北少年野球、スポーツ少年団三入クラブ) - 高陽東高 - 広島文化学園大 - 日本ハム20年〜23年(支配下)、日本ハム24年(育成)〜
ドラフト 2019年6位日本ハム
今季年俸 770万円
選手寸評 梅林優貴(うめばやし・ゆうき)は、亀山南小5年時に安佐北少年野球で野球をはじめ、翌年はチーム廃部で、スポーツ少年団三入クラブへ。当時から捕手。亀山中、高陽東高では最終学年で定位置奪取。3年夏は広島大会8強。広島文化学園大では中国地区リーグ二部ベストナイン3回(2年秋.4年春、秋)。4年秋は主将として3季ぶりVに導き、自身も初の最高殊勲選手賞、首位打者賞。岡山商大(一部最下位)との一部二部入れ替え戦を2勝1敗で下し、一部昇格を決めた。2019年ドラフト6位で日本ハムに入団。強肩が武器で21年のイースタンではチームトップの盗塁阻止率.345。課題は打撃。2年間はファームで打率1割台に終わったが、21年は初アーチを含む2本塁打を放った。22年、プロ3年目にして一軍初出場を果たし、スタメンマスクを含む22試合に出場と飛躍のきっかけはつかんだ。だが、23年は7試合出場にとどまり、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。24年からは育成契約を結ぶことが発表された。

梅林優貴の出場成績

梅林優貴 記事

梅林優貴 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング