週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

横浜DeNAベイスターズ

九鬼隆平(くきりゅうへい)

#116 |  捕手 | 右投右打

九鬼隆平 プロフィール

生年月日 1998年9月5日(25歳)
身長 180cm
体重 78kg
出身地 大阪府
経歴 蹉跎中(オール枚方ボーイズ) - 秀岳館高 - ソフトバンク17年〜23年 - DeNA24年(育成)〜
ドラフト 2016年3位ソフトバンク
今季年俸 650万円
選手寸評 九鬼隆平(くき・りゅうへい)は、センバツ4強の原動力となった強肩捕手。父は社会人・松下電器で捕手として活躍した九鬼義典氏で、同社で監督を務めた鍛治舍巧監督が英才教育をほどこした、野球エリート。2016年ドラフト3位でソフトバンクに入団。1年目の17年には二軍戦ながら満塁弾をマーク。その後もファームで爪を研ぎ、プロ初スタメンだった20年7月5日の日本ハム戦で、札幌ドームの左翼席中段へ打球を運んだ。プロ初安打がプロ1号本塁打。同年9月に首の手術を受け、その影響で21年は出遅れ。一軍出場はわずかにとどまるも、東京五輪中断期間中のエキシビションマッチでは甲斐拓也の不在でスタメンマスクを任されることも多かった。だが、22年は19年以降初めて一軍出場ゼロに。23年も一軍出場はなく、シーズン終了後に戦力外通告を受けた。24年からは育成契約でDeNAに入団することが発表された。U-18日本代表主将など強いリーダーシップを持ち、明るさも武器と語りプレー以外の面でも春季キャンプからアピールし支配下を勝ち取りたい。

九鬼隆平の出場成績

九鬼隆平 記事

九鬼隆平 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング