週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

オリックス・バファローズ

福田周平(ふくだしゅうへい)

#1 |  外野手 | 右投左打

福田周平 プロフィール

生年月日 1992年8月8日(31歳)
身長 167cm
体重 70kg
出身地 大阪府
経歴 鳥取中(泉佐野ボーイズ) - 広陵高[甲] - 明大 - NTT東日本 - オリックス18年
ドラフト 2017年3位オリックス
タイトル ゴールデングラブ(22年)
今季年俸 6000万円
選手寸評 福田周平(ふくだ・しゅうへい)は、広陵高3年時に主将としてチームを春夏連続甲子園場に導く。春はベスト4に進出、夏は2回戦敗退。明大入学後、2年春から二塁手、3年秋以降は遊撃手として活躍。2年秋、3年秋にはベストナインにも輝いた。NTT東日本でも1年目から遊撃手のレギュラー。3年目の都市対抗野球で、打率.550のハイアベレージを残し、首位打者とMVPに値する橋戸賞を獲得。チームも36年ぶりの優勝を果たした。50メートル走5.9秒の俊足の持ち主で、身体能力は抜群。2017年ドラフト3位でオリックス入団。1年目の18年はシーズン途中から二塁のレギュラーに定着し、113試合に出場。19年は2年目ながら主将に抜てきされ、打撃不振で一時は二軍落ちも『一番・二塁』として攻守でチームをけん引。20年は故障で出遅れたが、7月末に一軍復帰すると、打順、守備位置とも複数起用に応えて奮起した。21年開幕一軍を果たしたが、わずか5日で二軍落ち。ファームで腕を磨き、5月に昇格すると即一番でスタメン起用。「どこでも守ります」と出場機会を求め春キャンプから外野に挑戦し、中堅手のレギュラーを奪取。近年、固定できなかった「一番・中堅」を埋めたことがチームの躍進を支えた。22年にはゴールデン・グラブ賞を受賞。守備だけでなく攻撃でもガッツにあふれ、ヘッドスライディングは代名詞に。23年は故障などもあり出場数が減り、ファームではノックの打球が顔面を直撃し鼻を骨折するアクシデントも、一軍出場に向けて汗を流し続けた。日本シリーズでは途中出場で安打を放ち、第7戦では3安打と奮起。俊足巧打が武器のガッツマンは前だけを見て、巻き返しのシーズンへ。

福田周平の出場成績

福田周平 記事

福田周平 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング