週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

小久保裕紀

内野手 | 右投右打

小久保裕紀 プロフィール

生年月日 1971年10月8日
身長 182cm
体重 90kg
血液型 AB型
出身地 和歌山県
経歴 星林高 - 青学大 - ダイエー94年〜03年 - 巨人04年〜06年 - ソフトバンク07年〜12年
指導経歴 侍ジャパン13年〜17年(トップチーム監督)、ソフトバンク21年、22年(一軍ヘッドコーチ、二軍監督)
ドラフト 1993年逆指名2位ダイエー
タイトル 最多本塁打(95年)、最多打点(97年)、ベストナイン(95年、97年)、ゴールデングラブ(95年、10年)、カムバック賞(04年)
選手寸評 小久保裕紀(こくぼ・ひろき)は、青学大時代に行われた1992年のバルセロナ五輪で、学生では唯一代表に選ばれて銅メダル獲得に貢献。翌93年には主将として青学大を初の大学日本一に導き、同年に逆指名2位でダイエーに入団。1年目から一軍に定着すると、2年目には正二塁手となり本塁打王、97年には打点王を獲得。98年は前年10月に発覚した脱税事件による出場停止や故障もあり、わずか17試合の出場に終わる。00年には選手会長に就任。以後も「ダイハード打線」の一角として活躍するが、03年のオープン戦で捕手と交錯して重傷を負い、この年の出場は一、二軍ともなし。同年11月、巨人に無償トレードで移籍することが発表された。巨人時代も長距離砲として活躍し、在籍3年間で94本の本塁打を放ち、2006年には主将も務めた。06年オフにFA権を行使して、ダイエー時代のフロントがいなくなったソフトバンクに復帰。度重なるケガに悩まされながらも、12年までプレーした。引退後の13年10月から17年まで日本代表チーム「侍ジャパン」の監督を務める。21年からは古巣・ソフトバンクでコーチを務めている。

小久保裕紀の出場成績

小久保裕紀 記事

小久保裕紀 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング