週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

広島東洋カープ

森下暢仁(もりしたまさと)

#18 |  投手 | 右投右打

森下暢仁 プロフィール

生年月日 1997年8月25日(25歳)
身長 180cm
体重 78kg
出身地 大分県
経歴 明治北小(明治少年野球クラブ) - 大東中 - 大分商高[甲] - 明大 - 広島20年〜
ドラフト 2019年1位広島
タイトル 新人王(20年)、ゴールデングラブ(22年)
今季年俸 7500万円
選手寸評 森下暢仁(もりした・まさと)は、明治北小3年時から明治少年野球クラブで野球を始め、6年時から投手。大東中では3年時に県大会と九州大会を制し全国大会出場(シード校で2回戦初戦敗退)。大分商高では1年夏からベンチ入りし、同夏の甲子園出場。2年秋からエースで3年夏は県大会決勝で敗退。U-18ワールドカップの侍ジャパンに選出され、銀メダル獲得。明大では1年春から登板し、5季ぶりのリーグ優勝に貢献した4年春はベストナイン初受賞。38年ぶりのリーグ優勝を遂げた全日本大学選手権では最高殊勲選手賞、最優秀投手賞。3大会ぶりに制した日米大学選手権でも最高殊勲選手賞。東京六大学通算42試合、15勝12敗、防御率2.42。最速155キロ。変化球はカーブ、カットボール、チェンジアップ。2019年ドラフト1位で広島に入団。ルーキーイヤーの20年は10勝3敗、防御率リーグ2位の1.91で新人王を獲得。21年は2年連続先発ローテーションで回っただけでなく、東京2020五輪の日本代表に召集されて金メダル獲得に貢献。シーズンでは24試合に登板し、8勝7敗。防御率2.98。

森下暢仁の出場成績

森下暢仁 記事

森下暢仁 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング