週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

村田兆治

投手 | 右投右打

村田兆治 プロフィール

生年月日 1949年11月27日
身長 181cm
体重 78kg
出身地 広島
経歴 福山電波工高 - 東京・ロッテ68年〜90年
ドラフト 1967年1位東京
選手寸評 村田兆治(むらたちょうじ)は、福山電波工高(現近大福山高)から1967年ドラフト1位で東京(のちロッテ)入団。剛速球とフォークボールで2年目の69年に6勝(うち5完封)。その才能の片鱗を見せた。71年に12勝するも伸び悩み、73年までは2ケタ勝利は1度。74年、ロッテが優勝した年にマサカリ投法とフォークボールがほぼ完成して12勝。75、76年は抑え兼任となったが、2年連続防御率1位。76年は21勝をマークしてパ・リーグを代表する投手に。81年には19勝して初の最多勝。しかし、82年に右ヒジを痛め、83年に渡米して腱移植手術。84年は5試合の登板にとどまったが、85年に完全復活。日曜に登板して勝ち続け(開幕12連勝)、“サンデー兆治”の異名を取った。この年17勝。89年には3度目の防御率1位。90年、10度目の2ケタ勝利をマークして引退した。

村田兆治の出場成績

村田兆治 記事

村田兆治 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング