週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

平野謙

外野手 | 右投両打

平野謙 プロフィール

生年月日 1955年6月20日
身長 179cm
体重 78kg
出身地 愛知
経歴 犬山高 - 名商大 - 中日78年〜87年 - 西武88年〜93年 - ロッテ94年〜96年
ドラフト 1977年ドラフト外中日
選手寸評 平野謙(ひらのけん)は、犬山高から名商大を経て、1977年にドラフト外で中日に入団。投手としての入団で1年目には二軍で勝利を挙げるなどしていたが、2年目の春季キャンプで外野手に転向。3年目には俊足を活かすためスイッチヒッターとなった。81年から主に守備要員として一軍出場が増え、82年には2番センターとして開幕戦に出場し、そのままレギュラーに定着。同年のリーグ優勝に貢献、自身初のゴールデングラブ賞を受賞した。その後も鉄壁の守備と強肩を武器に活躍していたが、星野仙一が監督に就任した88年は90試合の出場にとどまり、オフに小野和幸とのトレードで西武移籍となった。移籍1年目から二番打者の役割を担って、92年まで5年連続でリーグ最多犠打をマーク。的確なポジショニングと投手出身の強肩で西武在籍時の6年すべてで外野のゴールデングラブ賞に輝いた。明るく、ひょうきんな性格ながらプレーは職人気質で、ムードメーカーとしてだけでなくチャンスメーカーとして西武黄金期を支えた。93年に戦力外となりロッテに移籍。95年からコーチ兼任となり、96年には史上初の通算450犠打を達成したが同年で引退した。

平野謙の出場成績

平野謙 記事

平野謙 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング