週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

大下剛史

内野手 | 右投右打

大下剛史 プロフィール

生年月日 1944年11月29日
身長 171cm
体重 63kg
出身地 広島
経歴 広島商高 - 駒大 - 東映・日拓・日本ハム67(二次)年〜74年 - 広島75年〜78年
指導経歴 広島79年〜83年、89年〜91年、99年
ドラフト 1966年2位東映
選手寸評 大下剛史(おおした・つよし)は、広島商高から駒大を経て1966年二次ドラフト2位で東映(日拓、日本ハム)入団。守備では緻密なプレーを見せ、隠し玉でも話題になった。75年に広島へ移籍すると、斬り込み隊長として存在感を発揮。盗塁王(44盗塁)に輝くなど、チームを初優勝に導いた。しかし、76年以降は故障に苦しみ、78年に引退。引退後はコーチ、解説者として“赤ヘル魂”を伝承している。現役通算成績は1310試合、1233安打、50本塁打、322打点、295盗塁、打率.260。

大下剛史の出場成績

大下剛史 記事

大下剛史 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング