週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

古葉竹識

内野手 | 右投右打

古葉竹識 プロフィール

生年月日 1936年4月22日
身長 174cm
体重 70kg
出身地 熊本
経歴 済々黌高(甲) - 専大(中退) - 日鉄二瀬 - 広島58年〜69年 - 南海70年〜71年
指導経歴 南海72年〜73年(一軍、二軍守備・走塁コーチなど) - 広島74年〜85年(一軍守備コーチ、監督など) - 大洋87年〜89年(一軍監督) - 東京国際大08年〜15年(監督)
選手寸評 古葉竹識(こばたけし)は、済々黌高から専大進学も中退。その後、日鉄二瀬を経て1958年に広島入団。63年に打率.339のリーグ2位でベストナイン。64、68年には盗塁王を獲得。70年にトレードにより南海へ。71年限りで現役を引退してコーチに転身し、74年からは古巣・広島へ。75年にはルーツ監督が15試合で帰国した後を受け、監督に就任。この年に球団初のリーグ優勝。79、80、84年に3度の日本一に輝き、85年に勇退。87年から3年間、大洋(現DeNA)の監督。80年に正力松太郎賞、99年には野球殿堂入り。08年から東京国際大の監督となり、11年春季東京新大学リーグで初優勝。全日本大学選手権大会4強。

古葉竹識の出場成績

古葉竹識 記事

古葉竹識 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング