週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

花咲徳栄高

野村佑希

投手 | 右投右打

野村佑希 プロフィール

生年月日 2000年6月26日(18歳)
身長 185cm
体重 90kg
出身地 群馬
経歴 剛志ジュニアーズ(境西剛志小) - 太田市シニア(境西中) - 花咲徳栄高(甲)
選手寸評 野村佑希(のむらゆうき)は、米国・ミシガン州ハウエルで生まれ、1歳半まで在住。その後、群馬県伊勢崎市で育つ。ミドルネームはジェームス。群馬・境西剛志小2年時に剛志ジュニアーズで野球を始め、境西中では太田市シニアでプレー。花咲徳栄高では1年秋からベンチ入りし、一塁手のレギュラーとして埼玉大会準優勝、関東大会出場。今春の練習試合では12本塁打を放ってスカウトの目にとまると、春季埼玉大会で4本塁打を放ち、夏の甲子園出場では2年生ながら四番を務めて2本のアーチをかけて全国制覇の立役者の1人に。右のスラッガーとして注目を集める。旧チームの移動のバスでは西川愛也の隣の席に座った。「アドバイスをもらえるし、尊敬する先輩。もう師匠です(笑)」。岩井隆監督は「今度は野村が引っ張る番」と期待を寄せている。3年春から外野から三塁に転向。3年夏は背番号1を着け、四番・投手として北埼玉を制して甲子園2回戦まで進んだ。北埼玉大会では全6試合中5試合に登板し、1失点完投が決勝を合わせて2度。計31回を投げて防御率0.58、30奪三振。北埼玉大会では打撃が振るわなかったが、甲子園では2戦連続ホームランを放ち、打率.400、2本塁打、6打点の活躍を魅せた。数少ない“右”の長距離砲として注目を浴びる中で、複数ポジションを守れる点でも評価が高い。

野村佑希 記事

野村佑希 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング