週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

早実高

野村大樹

内野手 | 右投右打

野村大樹 プロフィール

生年月日 2000年9月10日(18歳)
身長 172cm
体重 82kg
出身地 兵庫
経歴 末広ルーキーズ(宝塚小) - ブルーボンバーズ(宝塚小) - 大阪福島シニア(同志社中) - 早実高(甲)
選手寸評 野村大樹(のむらだいじゅ)は、宝塚小1年時に末広ルーキーズで野球を始め、4年時以降はブルーボンバーズに在籍。同志社中時代は大阪福島シニアに在籍し(2年まで三塁で3年から捕手)全国大会3位、ジャイアンツカップ16強。打率・730、28本塁打。侍ジャパンU-15代表では四番を務め、アジアチャレンジマッチ2015で優勝。早実では1年春の都大会後から四番を任され、2年春のセンバツに三塁手として甲子園出場。同夏は西東京大会準優勝。新チームから主将を務める。2年夏までは怪物・清宮幸太郎の後を打つ四番。パンチ力のある打撃は先輩に負けない技術があり、甘い球は絶対に逃さない。強肩捕手としても注目された。2年夏から3年春までは捕手で、3年夏はより打撃に集中するため、三塁に戻った。右方向への鋭い打球、スタンドインも可能であることから、1年時からNPBスカウトは目を光らせている。長身ではないものの、体幹が強く、打球飛距離は群を抜き、広角に打ち分ける技術も持つ。クレバーな選手で研究熱心でもある。

野村大樹 記事

野村大樹 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング