週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

福本豊

外野手 | 左投左打

福本豊 プロフィール

生年月日 1947年11月7日
身長 169cm
体重 68kg
出身地 大阪
経歴 大鉄高(甲) - 松下電器 - 阪急69年〜88年
ドラフト 1968年7位阪急
選手寸評 福本豊(ふくもとゆたか)は、大鉄高(現阪南大高)では3年夏の甲子園出場。卒業後、松下電器に入社。同チームでは後にプロでも同僚となる加藤秀司らとともにプレーした。1968年ドラフト7位で阪急に入団。2年目の70年にレギュラーとなると、その類まれな盗塁技術で75盗塁で早くも盗塁王を獲得。72年には106盗塁の当時の世界記録をマークし、この年MVPを受賞した。小柄ながら徐々に長打力を身に着けこの年は14本塁打を放った。その後も一番打者として活躍し、同期入団の山田久志、加藤秀司らと阪急の黄金期を支えた。83年6月に当時のMLB記録を上回る939盗塁を記録。9月には通算2000安打を達成した。しかし、このシーズンで大石大二郎が盗塁王となり、70年から続いていた13年連続盗塁王が途絶えた。翌84年に通算1000盗塁を達成。88年に現役を引退した。引退時の通算盗塁数1065は、当時の世界記録であり、今なお日本記録。この盗塁技術はライバル投手たちを徹底的に研究し、攻略したからである。時に8ミリビデオも使い、背中のシワの寄り方までチェック。投手のクセを見抜いた。しかし、南海の捕手・野村克也が投手に指示したクイックにより、対策された。ただ、いつしか福本はそれも克服。福本は「ノムさんのおかげでレベルの高いランナーにしてもらえた」と語り、野村は「福本の盗塁が日本プロ野球を変えた」と称賛した。主なタイトルはMVP1回、盗塁王13回。通算成績2401試合、2543安打、208本塁打、884打点、1065盗塁、打率.291。通算三塁打115本、通算初回先頭打者本塁打43本も日本記録。2002年野球殿堂入り。

福本豊の出場成績

福本豊 記事

福本豊 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング