週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

福岡ソフトバンクホークス

明石健志

#36 |  内野手 | 右投左打

明石健志 プロフィール

生年月日 1986年1月9日(32歳)
身長 175cm
体重 68kg
血液型 B型
出身地 北海道
経歴 山梨学院大付高 - ダイエー・ソフトバンク04年
ドラフト 2003年4位ダイエー・ソフトバンク
今季年俸 1億円
選手寸評 明石健志(あかしけんじ)は、山梨学院大付高から2004年ドラフト4巡目でソフトバンクに入団。1年目に一軍デビューを果たしたものの、2年目以降はケガに悩まされた。川U+FA11宗則がメジャー移籍した12年に135試合に出場。しかし、13年は右ヒザを痛め、出場数を33試合に減らした。14年は主力をケガで欠いた夏場以降、三塁、二塁でスタメン出場を増やし、日本一に貢献。2017年は103試合に出場し、一番打者としてはチームトップとなる53試合でスタメン起用。プロ入り後、50試合以上出場したシーズンでは自己最高の打率.279。出塁率も.346をマークするなど、強力な中軸を誇る打線にあって、しっかりと役目を果たした。入団以来その高い打撃センスは認められてきたが、故障やハイレベルな野手陣との競争もあり、プロ14年間で規定打席到達は2012年のわずか1度だけ。「他球団ならすぐにレギュラー」という周囲の声もある中、2017年には国内FA権を取得し熟考した結果、チーム残留を決めた。前身のダイエー時代も知るバイプレーヤーが、真の一番打者として大暴れする。

明石健志の出場成績

直近10試合の出場成績

明石健志 記事

明石健志 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング