週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

井端弘和

内野手 | 右投右打

井端弘和 プロフィール

生年月日 1975年5月12日
身長 173cm
体重 73kg
血液型 B型
出身地 神奈川
経歴 堀越高(甲) - 亜大 - 中日98年〜13年 - 巨人14年〜15年(引退)
指導経歴 巨人16年(内野守備走塁コーチ)〜
ドラフト 1997年5位中日
タイトル ベストナイン(02年、04年〜07年)、ゴールデングラブ(04年〜09年、12年)
選手寸評 井端弘和(いばたひろかず)は、堀越高から亜大を経て1997年ドラフト5位で中日に入団。2000年から一軍に定着し、01年にはショートのレギュラーとなった。02年に初のベストナインを受賞。また同年にセカンドに荒木雅博が定着し、鉄壁の二遊間、一二番コンビ「アライバコンビ」が結成された。09年までは井端がショートであったが、10年に二塁にコンバート。10年は眼病もあって出場数が減少、04年から09年まで6年連続で受賞していたゴールデングラブ賞の獲得もできなかった。12年に復調し、ショートに再転向。13年にはWBC日本代表に選ばれ2次ラウンドの台湾戦では同点タイムリーを放つなど活躍を見せた。しかし、シーズンでは不調に終わり同年オフで中日を退団し、巨人へ移籍。内野のユーティリティプレーヤーとしてチームを支えたが、15年に同級生である高橋由伸の監督就任に伴って現役を引退。そのまま巨人の一軍内野守備走塁コーチに就任した。

井端弘和の出場成績

井端弘和 記事

井端弘和 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング