週刊ベースボールONLINE - 野球専門誌『週刊ベースボール』公式サイト

中村紀洋

内野手 | 右投右打

中村紀洋 プロフィール

生年月日 1973年7月24日
身長 180cm
体重 93kg
血液型 O型
出身地 大阪
経歴 渋谷高(甲) - 近鉄92年〜04年 - オリックス04年(分配) - ドジャース05年 - オリックス06年 - 中日07年(育成→支配下)〜08年 - 楽天09年〜10年 - 横浜・DeNA11年(途中移籍)〜14年
ドラフト 1991年4位近鉄
タイトル 最多本塁打(00年)、最多打点(00年、01年)、ベストナイン(96年、99年〜02年)ほか
選手寸評 中村紀洋(なかむらのりひろ)は、大阪・渋谷高で2年夏の1990年に四番エースとして、同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団。3年目から一軍に定着すると「いてまえ打線」の四番として活躍。2000年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年も132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導いた。04年に日本代表でシドニー五輪に出場して銅メダルを獲得。メジャー・リーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年には、育成契約から這い上がり中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。14年に戦力外となった。17年から静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。

中村紀洋の出場成績

中村紀洋 記事

中村紀洋 掲示板(件)

あわせて見られている選手

みんなの選手ランキング